どの車両に新幹線のトイレが配置されているか?主に奇数号車に設置。多機能トイレは車椅子対応席近く。

疑問

日本の新幹線は世界でも類を見ない高速鉄道システムで、その設計は乗客の利便性を最優先に考えられています。

新幹線での旅は快適であり、その一環としてアクセスしやすいトイレ設備が整っています。

旅行中、特に長距離を移動する際には、トイレの位置を把握しておくことが非常に重要です。

この記事では、各新幹線車両におけるトイレの位置と特徴について詳しく説明します。

 

各列車のトイレ配置

一般的に、新幹線のトイレは奇数号車に設けられています。

これは1号車から始まり、15号車までの奇数号車にトイレが配されていることを意味します。

例として、1号車のトイレは車両の最前部、すなわち2号車との間に位置しており、他の奇数号車でも同様です。

 

特定の列車における配置についても言及します。

「のぞみ」列車では、2号車が自由席とされ、座席選びの際にトイレの位置が重要な要素となります。

トイレの近くに座りたい場合、1号車が最適です。

グリーン車も含め、奇数号車にトイレが配置されているのが一般的です。

 

さらに、グランクラス車両(東北・北海道新幹線の10号車、北陸・上越新幹線の12号車など)には、より広々としたトイレが備わっています。

 

「のぞみ」「ひかり」「こだま」のトイレ配置

「のぞみ」「ひかり」「こだま」といった列車は16両編成で運行されており、奇数号車の1、3、5、7、9、11、13、15号車には男女兼用トイレが2つ、男性専用の小便器が1つ設置されています。

これに対し、山陽新幹線で運行される一部の「ひかり」および「こだま」は8両編成で、1、3、5、7、9号車にトイレが配置されています。

多目的トイレの配置と利用可能性

新幹線の多目的トイレは、車椅子対応座席がある車両に設置されています。

東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」では16両編成の11号車に、8両編成では7号車に多目的トイレがあります。

北陸新幹線では「かがやき」「はくたか」「つるぎ」の7号車または11号車に設置されています。

これらのトイレは、身体障害者や車椅子利用者が優先されますが、一般の乗客も授乳や赤ちゃんのオムツ交換などで利用することができます。

 

新幹線車両のトイレ設備の概要

新幹線の多くの車両では、最新のモデルを除き、標準で西洋式トイレが装備されています。

男性専用の立ち小便器が設置されており、各列車には少なくとも一つの多機能トイレがあります。

これらの設備は、長距離移動中の快適さを保つために不可欠です。

 

これにより、新幹線での旅行時にはどの車両にトイレがあるかを把握しておくことが、より快適な旅の秘訣となります。

 

まとめ:新幹線での快適な旅のためのトイレ情報

新幹線を利用する際には、各車両のトイレの位置を知っておくことが、ストレスフリーな旅の鍵となります。

一般的に、トイレは奇数号車に設置されており、特に「のぞみ」や「ひかり」、「こだま」などの主要な列車では16両編成のうち、奇数号車に男女兼用のトイレが2つ、男性専用の小便器が1つずつ設けられています。

さらに、多目的トイレは車椅子対応座席がある車両に設置されており、身体障害者や車椅子利用者が優先されるものの、一般の乗客も利用可能です。

 

この情報を事前に把握しておくことで、座席選びの際にトイレのアクセスの良さを考慮することができ、長時間の移動でも安心して過ごすことができます。

また、グランクラスや特定の車両ではより広々とした設備が整っていることもあり、それぞれのニーズに合わせた選択が可能です。

新幹線の旅をより快適に、そして便利にするために、これらの情報を活用しましょう。

スポンサードリンク

疑問
スポンサーリンク
adminをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました