ライブでの帽子のマナー:場面に応じた帽子選びとヘアスタイルの工夫

ライブに足を運ぶ機会はありますか?

私は昨年、久しぶりに心惹かれるアーティストを見つけ、そのライブに行くことになりました。

大きなホールでは、他の観客との距離もあって気になることは少なかったのですが、若い頃にライブハウスに通っていた頃の経験とは少し違った印象を受けました。

 

ライブは音楽を聴くだけでなく、アーティストの姿を見ることも楽しみの一つです。

しかし、ライブ会場での視界を妨げる要因の一つが帽子です。

私のように背が低いと、前の人が帽子をかぶっていると視界が遮られてしまうことがあります。

 

ライブでの帽子着用が禁止されているわけではありませんし、明確にマナー違反というわけでもありません。

しかし、周囲の観客もアーティストの姿を楽しみたいと思っていることを考慮して、少し気を配ることが大切です。

 

そこで今回は、ライブでの帽子に関するマナーについて考えてみます。

 

キャップは視界を遮る?ベレー帽ならOK?

特にK-POPやジャニーズのライブでは、観客の多くがアーティストの姿を少しでもよく見ようとしています。

前に立つ人がキャップをかぶっていると、特に背の低い人にとって視界の確保が難しくなります。

また、室内で帽子をかぶるのはマナー的にどうかと思う人もいるでしょう。

ただし、野外のライブでは、日差しから身を守るために帽子が必要になることもあります。

 

帽子を選ぶ際には、周囲の視界を遮らないものを選ぶのが望ましいです。

特にツバの広い帽子は、後ろの人の視界を大きく遮ってしまうため、避けた方が良いでしょう。

ライブでのおしゃれを楽しみたい場合は、ベレー帽が一つの選択肢になります。

ただ、ベレー帽のトップに付いている飾り(「チョボ」と呼ばれるもの)が気になることがあるので、飾りのないシンプルなタイプがおすすめです。

 

帽子で髪型が崩れる?対策とおすすめのヘアスタイル

ライブ会場に到着したら、帽子を脱ぐのも一つの方法です。

しかし、帽子を取った後の髪型が崩れてしまうのは避けたいですよね。

編み込みなど凝った髪型だと、帽子を脱いだ際に崩れやすいので、シンプルな髪型にするか、軽く結ぶ程度に留めるのが良いかもしれません。

 

トップのボリュームや髪の乱れが気になる場合は、カチューシャを用意しておくと便利です。

また、長い髪の場合、クリップやかんざしでまとめるのも良いですが、他の観客に当たらないように注意が必要です。

 

アーティストに会いに行く際には、できるだけ良い状態で行きたい気持ちはわかります。

しかし、ステージからは客席の細かい髪型までは見えないことがほとんどです。

髪型よりも、ツアーTシャツなどを着用する方がアーティストの目に留まりやすいでしょう。

 

まとめ

今回はライブでの帽子について考えてみました。

会場の種類やライブの形式(屋内・野外)によって、帽子の必要性は変わってきます。

室内のライブでは、できるだけ帽子をかぶらない方が良いでしょう。

同じアーティストのファンが集まる場では、全員が気持ちよく楽しめることが大切です。

お互いに気配りをし、良い環境でライブを楽しみましょう。

 

ライブは音楽を楽しむだけでなく、視覚的にもアーティストのパフォーマンスを楽しむ場です。

そのため、視界を遮らないようにすることは重要です。

特にキャップやツバの広い帽子は、後ろの人の視界を大きく遮ってしまうため、避けるべきでしょう。

代わりに、ベレー帽など視界を遮らない帽子を選ぶと良いです。

また、ライブ会場に着いたら帽子を脱ぐのも一つの方法です。

 

さらに、帽子を脱いだ後の髪型が崩れてしまうことを防ぐために、シンプルな髪型やカチューシャを用意しておくと良いです。

ライブでは、ステージからは客席の細かい髪型までは見えないことがほとんどなので、髪型にこだわるよりもツアーTシャツなどを着用する方が目立つでしょう。

 

最後に、ライブ会場では周囲の観客も楽しむために、お互いに気を配ることが大切です。

皆が気持ちよくライブを楽しむために、帽子の選び方や髪型に注意し、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

疑問
スポンサーリンク
adminをフォローする
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました