ガラス傷消しの裏技!歯磨き粉を使った手順やおすすめの対処法

問題

ガラスにできた傷について、歯磨き粉を使用すると綺麗になるという話を聞いたことがありますか?

 

傷の程度は、些細な引っかき傷から物がぶつかってできた深い傷までさまざまです。

歯磨き粉を使用することで手軽に補修できますが、注意が必要で、適切な手順で行わないと傷が悪化する可能性があります。

 

今回は、ガラスの傷が歯磨き粉で取れるのか、対処方法や留意点などについて詳しく説明します。

 

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する方法!どの傷が効果的?

 

 

研磨剤が含まれる歯磨き粉を使用すると、ガラスの傷を目立たなくできますが、すべての傷に有効とは限りません。

ひび割れや欠け、穴が開いている場合など、歯磨き粉では難しいケースもあります。

ガラスの傷が「サイズが1cm以下で浅いこすり傷」であれば、歯磨き粉を使って今より目立たなくできるでしょう。

 

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する手順

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する前に、必要な道具を用意しましょう。

  • 歯磨き粉(研磨剤入り)
  • きれいな布(2枚)
  • バケツ
  • ぬるま湯

極めて細かいマイクロファイバークロスが最適です。

 

ガラスの傷を目立たなくする手順は以下の通りです。

 

1.ガラスをきれいにする

乾いた布でゴミや汚れを取り除きます。

取れない場合は湿った布を使用します。

傷の補修はガラスが完全に乾いてから行います。

 

2.布を水で濡らして準備する

バケツにぬるま湯を入れ、布を湿らせます。

埃や糸くずのない清潔な布を選びましょう。

その後、布に少量の歯磨き粉を付けます(小指の爪くらいの量)。

 

3.ガラスの傷を拭いていく

歯磨き粉を含ませた布でガラスの傷に円を描くように拭きます。

1か所につき30秒を目安にし、傷の状態を確認します。

状態が変わらない場合は歯磨き粉を追加して再度拭く必要があります。

 

4.歯磨き粉を拭き取る

水で湿らせた布を使用して、ガラスに残った歯磨き粉を拭き取ります。

歯磨き粉で力任せに拭くと、ガラスにヒビが入る可能性があるため注意が必要です。

歯磨き粉が不足している場合は、重曹ペースト(重曹1:水1の割合)を代用できます。

 

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する際の留意点

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する際には、以下のポイントに留意してください。

 

・長時間こすり続けない

歯磨き粉の研磨剤が傷をフラットな状態にするため、長時間こすると他の傷ができたり凹みが深くなる可能性があります。

ガラスを傷つけないためにも、過度なこすりは避けましょう。

 

・状況によって白く曇る

歯磨き粉の種類や窓ガラスの種類によっては、傷を補修すると一部が白く曇ることがあります。

傷が付いたままでいるという選択も検討すべきです。

 

ガラスの傷が1cm以上で大きい場合や、ひび割れていたり欠けている場合は、専門家に依頼する方が安全です。

自己補修を試みると危険であり、傷が広がって全体が割れる可能性があります。

業者に補修してもらうまでの待ち時間には、応急処置を行い、ガラスに防犯フィルムを貼っておくことが賢明です。

 

ガラス傷消しのおすすめ方法:他の手法を詳しく解説

 

 

ガラスの傷を補修する方法はさまざまで、歯磨き粉以外にもおすすめの手法があります。

以下に、いくつかの方法を詳しく説明します。

 

1.パテやクリアネイルポリッシュの利用

小さな傷や凹みには、透明なパテやクリアネイルポリッシュが有効です。

これらの材料は傷を埋め、透明な仕上がりになります。

適量を丁寧に塗布し、完全に乾燥させることで傷が目立たなくなります。

ただし、深い傷には適していません。

 

2.DIYキットの使用

ガラスの傷補修用のDIYキットは、市販されている製品がいくつかあります。

これらのキットには専用の材料や工具、手順が含まれており、初心者でも簡単に傷の補修ができます。

通常、キットには磨き材や専用ポリッシャーが含まれており、傷を滑らかにする効果的な手段となります。

 

3.専門業者の利用

大きな傷や複雑な傷の場合は、専門のガラス補修業者に相談することが最善です。

彼らは高度な技術や専門の材料を使用して、傷を綺麗に修復できます。

また、彼らのアドバイスを得ることで将来的な傷の予防策も学べます。

 

これらの方法の選択肢は、傷の種類や程度によって異なります。

DIYの手法は手軽で費用がかからない一方で、専門家のサービスはより高度で信頼性があります。

適切な方法を選択するために、傷の状態や補修のスキルを考慮することが大切です。

 

まとめ

 

ガラスの傷を歯磨き粉で補修する方法について

  1. 歯磨き粉(研磨剤入り)ときれいな布を用意する。
  2. ガラスを清潔にし、湿った布に歯磨き粉を塗る。
  3. 傷に円を描くように拭き、30秒ごとに確認する。
  4. 歯磨き粉を水で拭き取り、注意点を留意する。

 

気をつける点

  • 長時間こすると他の傷や凹みが深くなる可能性がある。
  • 歯磨き粉の種類やガラスの種類により、一部が白く曇ることがある。
  • 1cm以上の大きな傷やひび割れは専門家に依頼するのが安全。
タイトルとURLをコピーしました